×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


海外へ無料で行く極秘マニュアル

毎回、ドイツ語新聞記事を読む、楽しむ


オーストリアからのメール 

どちらさまもどいつごもどうぞ

 

 

スウェーデン編

No.22」スカンディナビア半島、ノルウェー海岸線を南下する

No.23」スウェーデンの民家で滞在することになる

No.24」日曜日、スウェーデン語を早急に喋れるようになろうと意思する

No.25」何?老夫婦はこの日本人を養子に迎える積りだって!?

No.26」隣の町Östersundで仕事を得た。

No.27−1」スウェーデンはもう9月! 濃霧の中、朝の出勤、自転車でゆっくりゆっくり

No.27ー2」スウェーデンの女の子たちとスウェーデン語で話せた!

No.28」仕事になれようとする。とても短い夏だった。 

No.29 」ノルウェー娘がまたやって来た! えっ、18才なの!?   海外へ無料で行 ける極秘マニュアル

No.30」職場での女性従業員たちとの交流

No.31」ダンスに招待されてしまった。さて、どうする?

No.32」レストランでの仕事は終わってしまった。

No.33」ノルウェー娘との交流

No.34」居住ビザ取得申請へと動き出す

No.35」ダンスのことを書く? 

No.36」レストランから電話。また働ける!

No.37」お呼ばれ

No.38」ふざけ合い、

No.39 」 レストランでの仕事が出来る日は今となっては、土曜日と日曜日だけ。

No.40」好きな人? こうすることの出来る人?

No.41」Festに参加。真夜中の道、一人で歩いて帰った。

No.42」セシリア(スイス)から絵葉書が届いた。

No.43」週日5日間は苦痛、週末2日間は喜び

No.44」ノルウェー娘との微妙な人間関係

No.45」食事室で英文学を読む

No.46」ねえ、それ、美味しい?

No.47」スウェーデンを去る日が 間もなく

No.48 スウェーデンに住んだ

 

スウェーデンにはいつまで滞在するお積もり ?  ヨーロッパ一人旅↑ フェストは始まった

 

No.40 ■はじめてだった、ヨーロッパ(スウェーデン編)ひとり旅■

19xx年10月16日(水)曇り、小雨 

 

 好きな人? こうすることの出来る人?

ある日の、午後のコーヒーの時間でのことだった。人数分の椅子が足らず、ヒロだけは流し台の上に腰を降ろしていた。両足は宙ぶらりん。モッド、インゲラ、そして学校に通っている女子学生は椅子に腰掛けている、Husfru(家庭の主婦?)と呼ばれている中年の女性 (以前、ヒロに突然、頬擦りをした)は花を適当な長さにはさみで切って花瓶に挿している。レストラン内、テーブルの上に飾るもの 。

仕事仲間の女性達全員を少々高い所から見渡せる位置にヒロは腰掛けていたことになる。モッドは時々、ヒロの方に振り返っては、意味深長な微笑をヒロに投げ掛ける。彼女の背中を 目の前にするようにしてヒロは腰掛けている。実は、彼女、ヒロと面と向かって腰掛け、ヒロを充分観察出来ないので、面白くないといった風なのである。ヒロが彼女達の中に混じっていないと始まる話も始まらないといったふうである。暫くは誰一人として口を開かない。口火を切るのは誰か。

インゲラは両手を膝の上に乗せて真っ直ぐ目の前を向いている。女子学生は足を組んでタバコを吹かしている。胸の膨らみが薄手のスウェーターを通してはっきりと見て取れる。 モッドは四角いテーブルに肩肘をついて、やはりタバコを吹かしている。またが少々開き過ぎといった感じである。 ヒロと向かい合うように腰掛けたときには時々思い出したかの如く、ワンピースのすそが上がり過ぎたのを腰掛け直しながら両手で下げる。

 

Husfruがヒロの方に向かって訊いて来た。彼女が質問を発するのは珍しい。

「あなた、日本には恋人がいるの?」

ぶしつけな質問だ

女性達を前にして、と言っても男はヒロ一人だけであったが、こんな”個人的な”ことを聞かれるとは想像だにしていなかった。ヒロの感覚からは少々意外感を抱かざるを得ない。

「いませんヨ。いれば、こんな所にやっては来なかったでしょう」

ヒロは困惑を押し隠すかのように、言葉が喉に引っかかるのをそのまま押し出すようにして答えた。

 

ヒロの答えは彼女達にとっては意外といった風であったようだ。当然いるだろう、と考えられていたのが、否定の答えであった。Husfruは ヒロの恋人のことについて話題にしようとしたかったのだろう。ヒロに対する次の質問を見失ってしまったようだ。

ヒロはしかし、少々動揺を禁じえなかった。この問題は外国にやって来て、ヒロの念頭を離れない問題の一つとなってしまっていた。

外国を一人で旅している。いや、旅を続けてきた。今、こうしてスウェーデンの中央部にあるÖstersund、そしてÅs に暫定的に落ち着いてしまっている。でも、居候している家の中に一日中いることはしない。仕事がない日には約十キロの距離を自転車を漕いで、市の図書館にやってくることにしている。仕事のある日は、勿論、 こうしてレストランでの洗い物である。そして休憩時間にはこうして彼女達とコーヒーを飲みながら思い付くことなどを喋り合っている。互いに眺め合っているだけの時もある。

若い女の子達は若干年上の、異国の人であるヒロに対して遠慮がちである。彼女達の方から率先してヒロに話し掛けてくることは余りない。ヒロの方が口を開いて話 し掛けない限り彼女達は口を開かない。ヒロが黙り続けているとそこにはあくまでも沈黙が訪れてくる。沈黙に耐えられずタバコを吸い出したり、突然用を思い出したかの如く席を立って ヒロの眼前から姿を消す。多分、化粧直しにトイレに行ったのかもしれない。彼女達はそれを自然な振る舞いとしてヒロの目の前に見せるのだが、ヒロには彼女達の心理が分かるような気がする。言葉が上手く話せない分、 ヒロは雰囲気等、目に見えない状況には敏感になっている。

ヒロと向かい合ったままそこにじっとしていることが居心地悪く感じられ、そんな感覚に囚われないようにと抵抗を試みているのだ。それは自然なのかもしれない。互いに心意気の知り合った関係がそこに存在している訳ではない。偶然の関係。仕事が終われば、見知らぬ同士として別れてしまう。 ヒロが彼女達にとっては外国人だということ、しかも異性であることが彼女達をして気構えさせてしまうのかも知れない。

彼女達と対等にスウェーデン語で話合えない自分。少なくともヒロが言いたいことはスウェーデン語で試みることは出来るのだが、彼女達から訊かれると、時々ヒロは理解出来ず内心苦しむ。困惑する。彼女達はそんな ヒロの姿を見るに耐えられず、口を閉ざしたままでいるのかも知れない。故に一週間に二三度、一ヶ月に十何回と会っていながらも、彼女達とヒロとの間の意思疎通は充分に行われない まま、発展性がない。

そうだ、以心伝心があるでないか!? 眺め合っているだけで意思が通じ合うものだろうか。彼女達の一人が同僚に訴えているのを漏れ聞いたことがあった。正確な所は定かでないが。

「彼と話してみたいんだけど、彼ったらちっとも私に話し掛けてくれないのよ」

この彼女は長らくヒロを避けてきた一人だ。顔が合うととんでもない方に向いてしまう。勿論、ヒロと直接向かい合うように腰掛けることはない。そのくせ、ヒロに見られないように、気付かれないように、 ヒロをしっかりと観察している。そんな彼女も研修にやってきた女子学生とヒロとがざっくばらんに語り合っている場面を目撃した後、態度を少し変化させてきたようであった。その研修にきた女子学生に話し掛けている彼女。 ねえ、何を話したの? 

それ以来、彼女はヒロと相対するように、四角いテーブルを挟んで腰掛けるようになった。何と言う度胸。依然とヒロは口を閉ざしたままであった。彼女は間近にヒロの表情を眺めている。 ヒロは東洋人だ。ヒロが彼女の顔の方に顔を向けると、彼女 、とっさに顔を合わせないようにしてしまう。 何をそんなにもったいぶっているのだろう、でもそんなところが可愛い。ヒロは口には出さずも心の中で彼女に向かって言っている。

「あなたはヒロと話したいのですか? そうですか? ヒロが欲しいのですか?」

大胆な質問をしているヒロ、彼女は顔を赤らめたまま下を向いてしまう。そんな情景が目に見えるかのようだ。確かに彼女も綺麗な、かわいいスウェーデンの女の子の一人だ。服装に女の子らしさが表現されている。 まるでヒロの注視を独り占めにしようとモーションを掛けているかのようでもある。が、とても内気そうなスウェーデンの女の子だ。

勿論、例外はいる。もう言わずと知れた、その人、モッドである。日曜日の晩、我々は遅くまで仕事を続けていた。小休止を何度か取っていた。タバコを吹かしたり、コーヒーを飲んだり、ただ休憩するために休憩したり、とにかく日曜日、夜遅くまでの仕事は疲れる。 モッドはだから率先して休憩を取る。休憩を取った彼女は ヒロが仕事中であっても、ヒロを呼ぶ。一緒に休憩を取りましょう、と。

 

ヒロは流し台の上に腰掛けたまま、彼女とは離れて相対する。インゲラと女子学生がモッドを挟むようにして腰掛けている。モッドは先輩格である。午後9時を 既に回っていたようだ。午後10時には仕事を終えることになっている。

夜も遅く、我々労働者達の間ではその時刻、言葉を交わすには少々疲労感の方が大きく覆い被さってきていた。沈黙が暫しそこにはあった。ヒロの方に向かってモッドが口を開いた。何を思ったのか、仕事が終わった後、家に帰って行く自分の姿、家に戻って来た自分の姿が目に浮かんで来ていたのだろうか。

 

「午後10時になったら、家に帰れる。家に着いたら スーネとこうするのよ」

こう言いながら彼女は両腕を大きく広げ、夫のスーネを抱き締め、熱い接吻をする仕草を、嬉しそうに、誇るかのように、ヒロに見せつける。

「あんた、こうすることの出来る人いるの?」

「だれもいない」

「欲しいと思わないの?」

「・・・・・・・・」

「欲しくないの?」

彼女の両脇に腰掛けている後輩格のインゲラと女子学生はヒロがどう答えるものかと息を凝らして待っているようだ。

「う〜ん、そりゃあ、、、、でも難しいと思われる」

返答に窮した。欲しくないわけではない。が、欲しい、と答えては少々露骨過ぎると思われた。でも彼女は大胆だ。ヒロはそう思った。連れ合いがいるとそうなるものなのか。既婚と未婚との違いが内的にも異なった姿勢を形成するようになるのか。それともこれは彼女の真の、自然の姿のか。

別に彼女は大胆でもない、と ヒロは思い直した。そもそも、モッドは人妻なのだから。

 

 

                  スウェーデンにはいつまで滞在するお積もり ?  ヨーロッパ一人旅↑ フェストは始まった