×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


海外へ無料で行く極秘マニュアル

毎回、ドイツ語新聞記事を読む、楽しむ


オーストリアからのメール 

 

 

 

スウェーデン編

No.22」スカンディナビア半島、ノルウェー海岸線を南下する

No.23」スウェーデンの民家で滞在することになる

No.24」日曜日、スウェーデン語を早急に喋れるようになろうと意思する

No.25」何?老夫婦はこの日本人を養子に迎える積りだって!?

No.26」隣の町Östersundで仕事を得た。

No.27-1」スウェーデンはもう9月!濃霧の中、朝の出勤、自転車でゆっくりゆっくり

No.27-2」スウェーデンの女の子たちとスウェーデン語で話せた!

No.28」仕事になれようとする。とても短い夏だった。 

No.29 」ノルウェー娘がまたやって来た! えっ、18才なの!?   海外へ無料で行 ける極秘マニュアル

No.30」職場での女性従業員たちとの交流

No.31」ダンスに招待されてしまった。さて、どうする?

No.32」レストランでの仕事は終わってしまった。

No.33」ノルウェー娘との交流

No.34」居住ビザ取得申請へと動き出す

No.35」ダンスのことを書く? 

No.36」レストランから電話。また働ける!

No.37」お呼ばれ

No.38」ふざけ合い、

No.39 」 レストランでの仕事が出来る日は今となっては、土曜日と日曜日だけ。

No.40」好きな人? こうすることの出来る人?

No.41」Festに参加。真夜中の道、一人で歩いて帰った。

No.42」セシリア(スイス)から絵葉書が届いた。

No.43」週日5日間は苦痛、週末2日間は喜び

No.44」ノルウェー娘との微妙な人間関係

No.45」食事室で英文学を読む

No.46」ねえ、それ、美味しい?

No.47」スウェーデンを去る日が 間もなく

No.48 スウェーデンに住んだ

 

養子に迎えるだって? ヨーロッパひとり旅 ↑  スウェーデンはもう9月! 

No.26■はじめてだった、ヨーロッパ(スウェーデン編)ひとり旅■  

 

      19xx年8月26日(月)

■スウェーデンで仕事を得た

隣の町Östersundで仕事を得た。先週、一昨日の24日(土)から働き出した。

ヨーハンソンさんのお宅に滞在し始めてからは日中、外出することも殆ど無く、 一人でスウェーデン語の勉強を続けていた。根(コン)を詰めてしまい勝ちで時に気分転換を図ろうと家の中、狭い空間内、立ち上がって床の上を行ったり来た り、そしてまた腰を降ろしたり、とまるで檻に入れられてしまった動物のようであった。

仕事を得なければならない−−− そんな思いが募った。でも、一体何処へ行 ってどうすれば仕事が見つかるのか。良く分からず、そのままずるずると無為な 時間だけが通り去って行くのであった。

ヒロの意向を理解したマリアさんはヒロのために知り合いに照会したり、色々 と尽力してくれた。内心何だかんだと言うヒロではあったが、結局はマリアさん のお世話になってしまった。

仕事を得て、当面の課題が一つ解決したと思った。一安心した。





 ■外国に住む、外国で暮らす

一旅行者として外国を回ること、要領が分かってくるとそんなに難しいことで はない。しかし、何の準備も予備知識もなく現地にいわば突然やって来て、その 外国に住もうとすると、一時的であったとしても、住むことに絡んで色々と厄介 な問題が持ち上がってくる。

つまり、その外国を旅することと外国に住むということとは別問題なのだ。当 局に「自分はこの国に住んでいますよ」と知らせておく義務があるらしい。黙っ て居座ることは許されないらしい。

マリアさんはヒロがここに出来るだけ長く留まることを願っている。まだ二、 三ヶ月先のことではあるが、このままずっと暖かくなるまでヒロはスウェーデン に滞在するつもりなのだろうか。

外国に暫くは居座るとしても、住むとしても、そこは外国であるが故に、その 国の法規則が目に見えない形で外国人であるヒロの身に効力を及ぼそうとするら しい。スウェーデン当局の関知しない事柄としては済まされないだろう。自分と してはどのように対処しなければならないか。

普通、観光客として3ヶ月間はビザなしで滞在出来ることになっている。それ 以上の期間滞在する為には、それ相当の「居住ビザ」を申請取得しなければなら ない。申請してもそう簡単に取得出来るようなものではないらしい。





「パスポートを明日、持って来るように!」

事務所に出向いたとき、めがねを掛けた女性が、仕事に忠実であろうとする、 そうした態度、そうした厳格な態度を見せつけながら言った。

外国人が仕事をするにも、どうも「労働許可」が必要とされているらしい。つ まり許可なしでは仕事も出来ないことになっているらしい。

仕事は一昨日からもう始めてしまった。当局が知った場合、どうなるのか。ぼ くは罰金を支払わされるのか? 国外強制退去処置を受けるのか? この外国人 は許可を得ず労働に就いた。それまでに稼いだ金は没収され、仕事も帳消しとな るのか。

今年の冬をここスウェーデンで越さなければならないとするならば、居住ビザ はどうしよう。遅かれ早かれ、今度はこの問題でも頭を悩まさなければならない。





 ■レストランでの仕事

Östersund街中にある結構有名なレストランらしい。 仕事とは、コックでもウェイターでもない。だから料理を作るでもない、お客を 相手にする訳でもない。ヒロはレストランの裏方さんを勤める。その厨房の隅に陣取って、 せっせと「なべ洗い」に精出す仕事にあり付いた。

レストランのキッチンでは何人ものコックたちが働いているが、つまり客たち に出す料理を作っているが、その料理準備に使用する食器類、鍋等を洗って元通 りにする。ピカピカにする。

鍋にも様々な種類があることを知った。大型、特大の、馬鹿でかい鍋がいくつ もある。個人が家庭で使用する鍋とは雲泥の差がある。

汚くなった大型の鍋や食器類がみるみるときれいになって行くのを見るは、し かし気分が良い。骨の折れる仕事だ。と言っても実際に骨を折ったことはなかっ たが、腰の痛む重労働だ。前屈みの姿勢を保ちながら洗い物に専心する。暫くは 慣れない状態が続く。耐えなければならない。

この仕事に就いたことで、朝がとても早くなった。自転車に跨り、街まで約8 キロの距離だと言われている国道に沿って、毎日、朝夕、往復する。

慣れれば別に辛く感じることもなくなってくるであろうが、マリアさんの言葉 が今更のように思い出される。外国での生活はそう簡単に行くものではないわよ ね、と。一つ一つ障害を乗り越えて行くか、それとも巧みに避けて行くか、だ。





 ■滞在許可を申請する?

滞在許可のビザを申請すれば良いのである。手続きは簡単だ、多分。しかし取 得出来る可能性はどうか。ビザはそれ相当の、尤もな理由と確証的な裏付けがな ければ取得は困難だとも言われている。

しまも許可が得られたとしても、べつの問題が潜んでいるとか。パスポートに 押されてしまった許可印は思わぬ所で、たとえば英国だろうか、入国への障害と なるとも聞いている。つまり、英国への入国が難しくなるということだ。

今年の冬をスウェーデンはここ Östersund の郊外 で越すためには、少なくともこの二つの問題が首尾よく解決されなければならない。 そうしなければ当局の知る所となるだろう。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   19xx年8月31日(土)晴れ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先週の土曜日から仕事を始めた。一週間が経った。

本日の仕事は午前中で終わった。
今、午後4時、Östersund市内公園のベンチに一人腰掛けている。




良い天気だ。

相変わらず、大きな食器・鍋洗い。

常に何か解決されなければならない問題、課題を、心の一隅に、と言うのか、 腹のそこにと言えば当たっているのか、そんなようなものを囲っていながらも、 それが何なのか、特定化出来ないでいる。一体それは何なのだろう。

黙々と仕事に従事している。早朝起床だ。前日の、体の疲れが取り切れなくと も起床は起床、と起床ラッパが執拗に鳴り響いているのを聞きながら、ああ、時 間が来ているのだ、間に合うように起き上がらなければならない。

先週までの自分はどうであったかと言うと「起きたくないなあ」などと贅沢なことを弄んでいたが、 今は状況が180度変わった。「もっと寝かせて置いて貰いたい」などといった個人的な願望があ っても、聞き入れられるものではない。誰が聞き耳を持っているというのか。

とにかく起き上がること、それは自分に課された義務。個人的な嗜好、または 我儘を云々している場合ではない。健康体で起き上がれるだけでも幸せというも のだ。

働き出してからの、一日の始まりはいつも気分が悪い。雨の時は特に倍加され る。が、至上命令なのだ。起き上がれれえっ!

午前7時に出勤するように! と決められている。我ながら頑張っている、と 思う。家の中に一日中燻っていたくないから、無理矢理にも自分の背中を押して、 家から逃げるかのようにして出掛けて行く。今までの自分だったらまだベッドの 中で惰眠を貪っている、そんな時刻にこの体はレストランの中に入って働き始め ていなければならない。

スウェーデン中部、夏の終わり、日本で言えば冬の始まりと言える程の寒さだ。 寒かろうが、雨が降ろうが、雪が降ろうが、頭痛であろうが、腹痛であろうが、 とにかく、問答無用の就業時間、公式的に午前7時となっている。約束は約束な のだ。契約と言った方が正確かもしれないが。

午前7時までにはレストラン内に入っていなければならない。したがって、起 床時間も言わば自動的に換算され、決定される。つまり、午前6時前後には起床 する。こんなに朝早く、しかも仕事のためにと起床するとは、今までの自分には 想像出来ないことであった。

肉体労働、疲れる仕事だ。

仕事が終われば図書館にまずは行く。スウェーデン語を少しでも学び取ろうと する。誰かが個人教授してくれる訳ではない。一人で学び一人で教える。そして、 夜、体は疲れ切って家に戻って行く。



今日、土曜日の午後、図書館はなかった。それでは、 とÖstersundの街に久し振りに自転車で繰り出して暫くは散歩。

皆何処へ行ってしまったのだろうか。まるで死の街といった様相を呈している。

日光だけがそんな街を明るく眩しそうに照らし出している。この対照は面白い、 と思った。今日は、、、土曜日か。明日は日曜日。週末か。

仕事の世界、目の前の洗い物の世界に自分を嵌め込んでいた。外界は忘れてし まった。久し振りに仕事から離れ、外界へと出てきて、視界がぐ〜んと広がった。 街の様子が新鮮に映った。

しかし、気に入ったとは言えない。何故か。何かに迫られていると感じている 自分。 これで良いのか。何か、問題が、課題が、解決を求めている。そんな風に 感じられて仕方ない。それは何なのか。滞在ビザ、仕事、スウェーデン語、エトセトラ。

いつもの如く、朝早く出勤して来た今朝、自分の周りの出来事が思い出される。 朝一番の仕事が始まる前、従業員数人が従業員用食堂に集まって、朝食のコーヒ ーとトーストを取っている。ヒロもその席に座っている。ヒロを除いて全員、女 性、スウェーデン人だ。

あっ、そういえば、朝食は最初から最後まで沈黙のうちに終わった。だれも口 を開こうとしない。異分子の、新入りの、素性の分からぬヒロがそこにいたから か。そんなヒロに遠慮して喋る気力もないのか。

ひとりごと

 

 

                      ←養子に迎えるだって? ヨーロッパひとり旅 ↑  スウェーデンはもう9月!