×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


海外へ無料で行く極秘マニュアル

毎回、ドイツ語新聞記事を読む、楽しむ


オーストリアからのメール 

どちらさまもどいつごもどうぞ

モルフィカ 北欧からの家具

 

 

スウェーデン編

No.22」スカンディナビア半島、ノルウェー海岸線を南下する

No.23」スウェーデンの民家で滞在することになる

No.24」日曜日、スウェーデン語を早急に喋れるようになろうと意思する

No.25」 何? 老夫婦はこの日本人を養子に迎える積りだって!?

No.26」隣の町Östersundで仕事を得た。

No.27−1」スウェーデンはもう9月! 濃霧の中、朝の出勤、自転車でゆっくりゆっくり

No.27ー2」スウェーデンの女の子たちとスウェーデン語で話せた!

No.28」仕事になれようとする。とても短い夏だった。 

No.29 」ノルウェー娘がまたやって来た! えっ、18才なの!?   海外へ無料で行 ける極秘マニュアル

No.30」職場での女性従業員たちとの交流

No.31」ダンスに招待されてしまった。さて、どうする?

No.32」レストランでの仕事は終わってしまった。

No.33」ノルウェー娘との交流

No.34」居住ビザ取得申請へと動き出す

No.35」ダンスのことを書く? 

No.36」レストランから電話。また働ける!

No.37」お呼ばれ

No.38」ふざけ合い、

No.39 」 レストランでの仕事が出来る日は今となっては、土曜日と日曜日だけ。

No.40」好きな人? こうすることの出来る人?

No.41」Festに参加。真夜中の道、一人で歩いて帰った。

No.42」セシリア(スイス)から絵葉書が届いた。

No.43」週日5日間は苦痛、週末2日間は喜び

No.44」ノルウェー娘との微妙な人間関係

No.45」食事室で英文学を読む

No.46」ねえ、それ、美味しい?

No.47」スウェーデンを去る日が 間もなく

No.48 スウェーデンに住んだ

 

 

 

どうしたの? あんた、今日は内気なの?  ヨーロッパ ひとり旅、滞在↑ 好きな人?ることの出来る人?    

 

              No.39 ■はじめてだった、ヨーロッパ(スウェーデン編)ひとり旅■

            19xx年10月16日(水)曇り、小雨 

 

仕事のない日のヒロは生気を失った、まるで生きた屍だ。空気の抜けた風船のようでもある。横たわったまま立ち上がれない。

長く感じられる一日をどのように過ごしたら良いものやら、仕事から離れた途端に途方に暮れてしまっている。彼等達と一緒には居たくない。 何故そうなのか? と訊きたいかも知れないが、一緒にいると何故か、益々ヒロの憂鬱は亢進するばかりだ。口を開くのも億劫だ。 彼等達の方から話し掛けてくるが、ヒロは容易には口を開かない。彼等達が話すままに任せている。聞き流している。 早く終わってしまえばいいのにと心の中では苦々しく思っている。

お年寄りと一緒に生活することは出来ないのだ。というか、一緒に暮らしたことがないから勝手が分からない、どう対応したらよいものやら分からず、自分にやきもきして苛立っている。かわいそうなのは老夫婦だろう。 とんだとばっちりを受けてしまっている。

年寄りとは一緒に生活することは出来ないのだ。内心、生意気なヒロは彼等たちが話し掛けてくる間、心の中で繰り返している。お年寄りとは一緒に暮らすことは出来ない。 この自分だっていつかは年寄りになるのに、そんなことをすっかりわすれてしまている。自分のことは棚に上げている。

ヒロはなるべくご夫婦に気に入られないような行動を意識的に取っている。彼等達とは話したくないので必要以上にベッドに寝転がっていて、起き上がっては来ない。普通ならば朝8時過ぎに起床してもいいものだろうが、 ヒロは半分寝た振りをしてベッドに身を横たえている。彼等達は既に起床、 部屋の中を動き回っている。朝食の準備や郵便物を近くの簡易郵便局に出向いて取って来る。

彼等達だけの朝食が取られているのがヒロの耳に聞き取れる。食事が終わると彼等達は一旦部屋から姿を消す。その時を捉えてヒロは起き上がる。シーツなどをたたむと同時にジーパン、シャツを身に着ける。 ヒロの起床後の動作をどこかの陰で見ていたかの如く、彼等達は再び部屋の中に現れて来る。

ヒロの朝食がテーブルの上に置いてある。既に長いこと待機中となっている。もう午前10時半過ぎだ。昨晩は9時過ぎにベッドに入って、今朝は午前10時半過ぎにベッドから出た。

仕事のない日のヒロは一日の半分をベッドの中に横たわっている。その結果が、この頭痛である。必要以上に寝転がっているときっと頭痛が襲ってくる。尤も、昨日、今日と、その頭痛は寝過ぎたためとだけは言えないかも知れない。

 

二日前の、月曜日の朝、寝過ごしてしまった。ベッドから這い出すや自分に悲鳴を上げた。

   「あっ! しまった。遅刻だ!」

いつもならレストランに着いていなければならない時刻に目覚めてしまった。少々慌てていた。素早くジーパン、シャツを身に着け、外へと飛び出した。自転車のペダルと片足を同時に合わせるのにも慌てていたため手間取った、いや“足間”取った。サドルに跨って国道に出た途端、 自転車のタイヤ、スリップ。道路が凍っていたとは露知らず、道路の上でカーブを切ろうとしてタイヤは斜め横に滑って行った。

サドルの上のヒロはバランスを崩して、それからはどうなったか。ヒロは宙に浮いているような感覚を暫く持った。何事が起こったのか一瞬理解出来ずにいた。 ヒロの頭を誰かが後方に引っ張っているかのような、そんな力というか、重力を後頭部に感じながら、そのまま宙に浮いているような感覚を持ち続けていた。それがそのままずっと続くものと思っていた。が、暫くすると後頭部は何か硬い物とぶつかった。転倒中だったのだ。

一瞬、ヒロは気を、意識を失ったと思った。凍てついた路上には無残にも自転車と見知らぬ異国人が一緒に延びてしまっている。頭をもたげて立ち上がろうと思った。平衡感覚を失ってしまったらしく、思うようには立ち上がれない。氷の上をつるつると滑ってしまい両足で もがいている。そんな現場に男の人一人がやって来ていた。更には車が一台停車しているのにも気が付いた。

ヒロは何事も起こらなかったかの如く、平気の平左を装って、直ぐに立ち上がり、一緒にひっくり返ってしまった自転車を手元に引き寄せ、目的地に向けて直ぐに出発した。 沿道、滑走しないようにと今度は注意しながらゆっくりと慌てずに走らざるを得なかった。

レストランに着いてからのヒロは最悪の状態であった。前頭部、両眼がひどく痛 んだ。猛烈に吐きそうになった。トイレに駆け込んで、吐きそうになっているヒロ、数回。胃の中からは何も出て来なかった。強烈な頭痛がヒロを捕らえた。悩ました。痛みも直ぐに消えるだろうと ヒロは安易に考えていた。楽観していた。が、今日になっても消えずに残っている。


頭が痛いのは彼等達と話さなければならない状態を嫌って、頭の方で先回りしてしまうためかもしれない。危険信号が発せられている。彼等達と一緒にいると自然と頭が重く、痛くなってくるように感じられる のだから、正にその通りと言えないこともない。そんな風に自分勝手に解釈している。

自分一人だけの部屋を持つことを当然ながら考え始めた。彼等達、年寄りと一緒にいたいとはもう思わない。一緒に暮らす。一緒に生活する。彼等達とヒロとの間にはそのように観念は成り立たない。存在しない。これはどうしようもない、 ヒロの内奥からの声だ。ヒロは敢えて自分を偽ってまでして自分自身であろうとは思わない。

確かに、彼等達と一緒に住んでいれば殆ど生活費は皆無である。有難がらなければならないことだ。感謝しなければならないことだ。部屋を持つとなると賃貸料を支払わなければならない。出来るだけ貯金をして置こうと考えていた ヒロにとっては大き過ぎる出費となることは火を見るよりも明らかだ。ヒロはこの事実に無頓着というわけで もない。出来ることならば少ない出費で更に長期滞在出来るような、他の家を無意識にも希望していた。

レストランでの仕事が出来る日は今となっては、土曜日と日曜日だけ。つまり彼女達と会えるのも週に二日ということになった。二日間の内に彼女達に一度も会えない時もあった。そんなときの ヒロは意気消沈、仕事も思い通りには運ばないのであった。

 「ヒロはスウェーデンの女の子全部に恋をしてしまった。どうして女の子達はそんなにも綺麗で魅力的なんだろう?」

 こんなことを彼女、ノルウェー娘と面と向かって言ってみたいと思う。

週末に彼女達に会えて話し合えることを楽しみにしながらも、月曜日から金曜日までは全く無意味に無駄に過ごしてしまう。以前そうであったように、一週間が土曜日と日曜日とだけで構成されていれば良いと考えたりしている。

五日間会えない状態でいるからこそ会えた時の喜び、楽しさも大きい。しかし、この五日間はヒロにとって長すぎる別離だ。ヒロは彼女達に恋していしまったのだ。彼女達を眺めているだけでも心がウキウキしている自分を感じる。

 「いつまでスウェーデンに滞在する積もり?」

 「来年まで。来年の4月まで」

でも、本当はいつまでも長く滞在していたい、と言いたくなるのを押さえる。 彼女達に会えたからこそ、こうしてスウェーデン滞在も楽しい日々として展開することになったとヒロには思われる。一方、彼等達と一緒に住んでいることはスウェーデン滞在を何だが面倒くさい、不快なことと感じさせられてしまう。一体何が問題なのか。 スウェーデンでの憂鬱現象?


彼等達の宗教の集まりの知人であるらしい女性が先日、まだヒロがベッドに横たわっている時に訪れた。一緒に朝食を取った。その女性は訊くともなしに訊いてきた。

 「スウェーデンは気に入りましたか?」

 「う〜ん、答えるのは難しい」

 この訪問客と話すのが億劫といった風に答えた。

 「彼等達と一緒にいる限り、ヒロの答えは否定的でしょう」

 心の中では別の答えを聞こえないように言っていた。

出来る限り彼等達と一緒にいないようにヒロは来る日も来る日も、そんなふうに行動を取っている。仕事がない日、午前中遅くまでベッドの中に 横たわっているのも、午後図書館で一人の時間を過ごすのも、皆この意図から出た行動なのだ。

ヒロは自分の行動が精神的に抑圧されるのを嫌う。ヒロはヒロ自身の自由意志で行動するのだ。ヒロはヒロのやりたいことをヒロなりにする。 いつもより遅く仕事から帰宅すると、

 「遅かったわね」

聞きようによっては非難じみた言葉がヒロの前に投げ出される。ヒロは黙って答えない。

早晩、ヒロは彼等達の許から離れなければならないだろう。ヒロはそう思う。一緒にいることはヒロにとってはマイナスのように思われる。一方、彼等達は一緒にいることを望んでいるようだ。確かに経済的に ヒロは助かっている。しかし、精神的、肉体的にはどうだろう。彼等達はヒロに 負担を感じさせないようにと色々と気を使っているのであろう。が、それが見て取れるからこそヒロの憂鬱は募るばかりだ。 ヒロはお年寄りに対して何もしてあげられない。一緒にいて貰いたいことは分かるが、朝から晩まで一緒にいると息が詰まるかのようだ。

雪が大量に降って、家とレストランとの間を行き来するのも容易にならない日もそう遠くはないだろう。ヒロは心を決めなければならない。

 「ねえ、引っ越すの?」

彼等達はヒロを訪ねてきたその女性から離れた所に引っ張って行って、ヒロに訊いた。色々と説明する煩わしさを嫌って言下に答えた。

 「引っ越しません!」

 

 

                                                どうしたの? あんた、今日は内気なの?  ヨーロッパ ひとり旅、滞在↑ 好きな人? こうすることの出来る人?