×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


海外へ無料で行く極秘マニュアル

毎回、ドイツ語新聞記事を読む、楽しむ


オーストリアからのメール 

 

 

 

スウェーデン編

No.22」スカンディナビア半島、ノルウェー海岸線を南下する

No.23」スウェーデンの民家で滞在することになる

No.24」日曜日、スウェーデン語を早急に喋れるようになろうと意思する

No.25」 何? 老夫婦はこの日本人を養子に迎える積りだって!?

No.26」隣の町Östersundで仕事を得た。

No.27−1」スウェーデンはもう9月! 濃霧の中、朝の出勤、自転車でゆっくりゆっくり

No.27ー2」スウェーデンの女の子たちとスウェーデン語で話せた!

No.28」仕事になれようとする。とても短い夏だった。 

No.29 」ノルウェー娘がまたやって来た! えっ、18才なの!?   海外へ無料で行 ける極秘マニュアル

No.30」職場での女性従業員たちとの交流

No.31」ダンスに招待されてしまった。さて、どうする?

No.32」レストランでの仕事は終わってしまった。

No.33」ノルウェー娘との交流

No.34」居住ビザ取得申請へと動き出す

No.35」ダンスのことを書く? 

No.36」レストランから電話。また働ける!

No.37」お呼ばれ

No.38」ふざけ合い、

No.39 」 レストランでの仕事が出来る日は今となっては、土曜日と日曜日だけ。

No.40」好きな人? こうすることの出来る人?

No.41」Festに参加。真夜中の道、一人で歩いて帰った。

No.42」セシリア(スイス)から絵葉書が届いた。

No.43」週日5日間は苦痛、週末2日間は喜び

No.44」ノルウェー娘との微妙な人間関係

No.45」食事室で英文学を読む

No.46」ねえ、それ、美味しい?

No.47」スウェーデンを去る日が 間もなく

No.48 スウェーデンに住んだ

 

仕事になれる。とても短い夏だった。    ヨーロッパひとり旅 ↑  女性従業員たちとの交流

No.29■はじめてだった、ヨーロッパ(スウェーデン編)ひとり旅■

19xx年9月11日(水)晴れ

 

早朝、風がとても冷たかった
 

ノルウェー娘がまたやって来た!

「ええっ、本当に18歳なの?!」

ノルウェー娘を以前から知っているという別の女性にヒロは念を押すのであった。もっと年上かと思っていた。日本人がここで働いているということは知っている筈だ。その日本人の様子を窺いに来たのかもしれない。

16歳の時からこのレストランで働いていたのだそうだ。今はもうここでは働いてはいない。が、時たま今日のようにやって来る。 またここで働くようになったのだろうか。ここへ来ないときには、何処へ行っているのか、何をしているのか。
 

前回やって来た時よりも少々太ったように見えた。尤もそんなこと、余り重要ではない。それよりも金髪。燃えるような金髪。そして、男の目を魅了して止まない様子、つまり容姿、容貌だ。大きな目、白い肌、若い女の子、ぴちぴちとしている。健康で元気一杯。

彼女、スウェーデンに住むようになって2年だそうだ。国境近くに住んでいるために、ノルウェー人でありながらスェーデン語はスェーデン人と異ならない。

「自分はスェーデン人ではない」と言わなければ、少なくともヒロには彼女のことを何時までも何の不審も抱かずにスウェーデン人と思い込んでいたことだろう。

このレストランに働きに来る他の若い女の子達とはどこか雰囲気が違う。所謂話に乗るタイプのようだ。若い母親にこれからなることが決まっている、これまた若い娘のような女性と間断なく喋っている。同じ年頃と推測される。


■ノルウェー娘の饒舌ぶり

そこに若い女の子達に甘い50歳を過ぎた、腹の出っ張ったおっさんが加わる。ノルウェー娘は得意そうに喋る。おっさんは笑い転げている。何か面白いことを彼女は目撃したらしい。その場面を彼女は面白おかしく描写しているらしい。

ヒロは耳を凝らして聞き取ろうとしている。が、全然分からない。 何を話しているのか、その確かな内容は全然理解できなかったが、何かについて説明していることはそれなりに分かるのである。どうも彼女が働いている別のレストランでの出来事らしい。 ヒロにはとても早いスピードと思われるテンポで喋り捲っている。

昼食を取るために何時もの部屋へと、両手で盆を支えながら階段を一段ずつ音を立てながら上って行った。 ヒロは遅れて彼女たちに合流した。

彼女たちはちょうど話に夢中になっている時であった。 ヒロは18歳のノルウェー娘の隣りに腰を降ろした。

ヒロがその場にやってきたからとて話の腰を折る結果にはならなかった。 彼女らはあたかもヒロの存在を無視するかのように、自分達の会話に花を咲かせつつあった。

ヒロは黙ったままフォークを使いながらポテトとキャベツの葉で包んだひき肉、 キャベツロールを食べていた。

何がそんなに可笑しいのだろう?  三人は笑っている。彼女達の笑いにヒロまでもが笑いに誘われそうになったがぐっと堪える。 ヒロが笑う理由が何処にあるのだろうかと一瞬考えて、ヒロは口を閉ざしたまま。

ヒロは食後もそこに腰掛けたままだったが、 彼女達がヒロの存在を無視しているかの如く、 ヒロも彼女達の存在を無視するかの如くそのままじっと無関心を装って居座っていた。

ポケット辞書を眺めながらも、彼女達の話を理解しようと耳を凝らしそば立てていた。 しかし、全然理解出来ない。これが自分の限界なのか!? 18歳の喋る速さに、 まあ良くも舌が回るもんだ、とただ感心して聞き入っているだけ。

 

おっさんは席を立ち、出て行った。沈黙が入れ替わり部屋全体を訪れた。

18歳は50何歳かの、年上の、嘗ての、仕事の上司(?)を 笑わせ喜ばせるために喋っていたのだろうか?

語り相手を失って、急に静かになってしまった。 それからは呼吸の音が聞こえるかのようだ。

そして、ヒロには直感出来た。その静けさを直ぐにでも打ち破らなければならぬ時が やって来るだろうということが。

誰が破るのか? ヒロは待った。 どれだけの沈黙の時間に耐えられるだろうか?ヒロは待たされている。

彼女達二人はこの静けさをいつまでも持ちつづけていたいとは感じていない。 一呼吸が入った後でどうするか、 椅子を後ろに引くに違いない。ヒロは一瞬そんな風に思った。 席を立って部屋から二人して出て行ってしまうだろう。 早く口を開いて彼女達を引き止めなければならない。 部屋の雰囲気は冷たく重たくなりつつあった。

  一秒、二秒、、、、経過。




耐え切れる限界に達したかの如く、とうとう口を開き、 ヒロはノルウェー娘に話し掛けた。 いや、尋ねた。

ヒロが喋り出すとは、しかもヒロの方から直接話し掛けてくるとは 想像していなかったらしい。ノルウェー娘はそんな驚きを隠すかのように直接ヒロに 答えるのではなく、彼女の目の前に腰掛けている未来の母親である、 若奥さんに「ねえ、このひと、今何んて言ったの?」と確認するかのように話し掛けるのであった。

「Frösön にあるレストランは廃業したのではなかろうか?」

ヒロはそんな風に訊いてみた。彼女達の話の中で聞き取れた唯一の、 そのレストランの名前であった。

話し掛ける糸口をかろうじて見出せたヒロは 安堵の気持ちであった。が、何処となくぎこちない会話。何となくかみ合わない会話。

結論がヒロに預けられたような形で会話は閉じられてしまった。 彼女達二人は文字通り二人して部屋から姿を消した。

一人取り残された、そんなヒロの所にまたも襲ってくる例の気分。 思い出させてあげますと言わんばかりにヒロに寄り添う。 何処に位置しようともこのヒロは一人で居なければならないらしい。

ヒロ以外には誰もいないことを幸いに、ヒロは簡易ベッドの上に 身を浴びせ掛けるようにして寝転がった。換気扇がうなっている。やりきれない気分だ。

今、この時、一人で居ることは求められていないのだ。が、ご覧のとおりだ。 両手を頭の後ろに組んで天井を眺めている。何を考えていたのか? 何も考えることもなかった。

午後のコーヒーの時間に、その投げ出されたままの結論に十分な納得を 付け加えなければならないと思いながらも、その時間が来た時どうなるだろうか、 という一抹の不安、自分に対する不信みたいなものがあった。



「コーヒーよ」

珍しくも未来の若奥さんが告げに来た。ヒロに対してのガードは外されたかのように、 もう自然に振舞っている。さあ、ヒロはどう対処するだろうか?  予め決められた行動に則って彼女達に相対するなどという風にはなっていなかった。 成り行きに任せる、ヒロはその積もりであった。

コーヒーを自分でカップに注いで、椅子に腰掛ける。 若奥さんと右前横に向かい合い、18歳とは横に並ぶようになった。 50何歳のおっさんも程なくやって来て、若奥さんの横にうれしそうに席を取る。

若奥さんはこの50何歳とヒロにタバコ、Princeを勧める。 ヒロは拒否することも無く、タバコを受け取り彼女のライターで火を付けて貰う。 吸う。こうして4人が昼食時と同様、一同に会した。さて、何を話そう?

暫くはタバコを吸うことに専心する。互いに向かい合ったまま言葉は交わされずにいることの、 間の悪さがこれで暫しは救われる。その間にどちら様からともなく口が開かれるのである。 またもヒロの方から口火を開いた。

「あなたが話すスウェーデン語はまるでタイプライターのキーが 叩かれているように聞こえますね」

鼻に掛かったフランス語を連想させるような若奥さんのスウェーデン語。 夫君はやはり腹が少々出っ張って、口ひげを蓄えた、このレストランのコックだ。 職場結婚ということか。それはさて置き、話題の選択に苦労する。いや、選択ではない。 発見に苦労する。正に何を話そう? これである。

ヒロは一度彼女に言ってみようかと思っている。どう反応するだろうか。

「我々は会うのが少々遅れたようですね?」

ヒロは18歳のノルウェー娘と年齢不詳の若奥さんを相手に話し始めた。

「日本語と中国語とは同じなの?」18歳はヒロに訊く。

「全く、違うものだよ」ヒロは答える。

テレビで日本の映画を見たことがあるのだそうだ。

「ドラマ?」

「ドキュメンタリーよ」

残念ながら、自由に多くを語ることは出来ない。早口の彼女。 ヒロがスウェーデン語の初心者であることに意を介していないようだ。 同じくらいに喋れる同じ仲間と見做してくれるのは有難いのだが、 彼女は自分が話すことは全部、理解されているものと考えて喋っているらしい。 尤ももっとゆっくりと話してくれたとしてもヒロには理解できなかっただろう。 

彼女の関心をヒロの方へと向けさせたままにすることは困難だ。 彼女は面白い話に関心を惹かれるようだ。彼女は若奥さんと話す。気楽に話している。

ノルウェー娘の関心を引こうと、 ヒロはこのスウェーデン語に不自由を感じながら話そうと努める。 スウェーデン語文法無視の、知っている単語を並べているだけの、 我が流ブロークン・スウェーデン語になってしまう。 こうなると自分でも何を喋っているのか分からなくなってしまう。 勿論、聞いている彼女に理解できる筈がない。

Jag verstår inte. あなたの意味するところが良く分からない」

Jag ochså inte. ヒロも何を言っているのか分からなくなってしまった」

ヒロも負けない。

とにかく、彼女は18歳。スウェーデン語ペラペラのノルウェー娘と ヒロは言葉を交わすことが出来るようになった。 大きな目と金髪が印象的だ。

今度はまたいつ、会えるだろうか。明日もまた来るだろうか。言葉を交わせるだろうか。 彼女たち二人はヒロが昼食時に食べた同じメニュー、その夕食を持って食事室へと向った。 一人残ったヒロは何時ものように同じ食事、Smörgatallrikを自分一人を相手に取った。

シャワーを浴びた。レストランを後にした。図書館に向かった。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆★☆
     19xx年9月12日(木)晴れ後薄曇、時々雨         
 ☆★★☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  


盛り上がりのない一日であった。

午前9時過ぎ、一息入れての、コーヒーとトースト。

昨日、言及するだけの余裕がなかった。一週間程休暇を取って仕事を休んでいた、 あの如何にも掃除婦という仕事に適った風体のおばさんが昨日からまた働き出したのである。 夏の休暇も終わったらしい。

今朝の彼女、ヒロには予想出来なかった、そんな仕草をヒロにした。

彼女一人だけが部屋に遅れて入って来たのだった。 テーブルの片隅でおとなしくコーヒーとトーストを取っていたヒロの所に来るや否や、彼女はヒロに頬擦りを仕掛けた。腰掛けていた椅子から無理やり引っ張り出せるように 彼女はヒロを自分の独占にするのであった。引っ張り出されようとした途端にテーブルに上に 置いてあったコーヒーがこぼれた。一時に二つの出来事が惹き起こされた訳であった。

彼女は常に他の従業員の注目の的である。つまり一目置かれている彼女。彼女の話は皆の関心を惹きつける。それとも彼女を除いた他の人たちは話し手の側に付くよりも聞き役に回る方が気楽なのかも知れない。殆ど毎朝、代わり映えのない儀式化した朝食の時間に彼女だけは何時も、 あっけらかんとしている。名前は何と言ったか。そう、アストリーとか、皆は彼女をそう呼んでいる。

その彼女が薄汚そうな仕事着(まるで レインコートに似る)を引っ掛けて、のっそりのっそりとやって来た訳である。 腰掛けるだろうと予想したのだがそもそもの間違いだった。腰掛けようとはせずに彼女の片腕がヒロを抱き抱えるように伸ばされてきたのであった。

テーブルの上にこぼれてしまったコーヒー。どうしよう? 拭かねばならない。彼女は紙フキンを取りに行った。彼女がそれを持って戻って来る前に ヒロは紙を見付け、こぼれたコーヒーの上に置いた。その紙の上にはコーヒーの残りが入ったカップを更に置いた。

アストリーが頬擦りの仕草をヒロに仕掛けた時、 そこにいた皆の視線が一度にヒロに向けられたことは疑いない。勿論、彼女に向けられたと同時にヒロに向けられた訳である。ヒロは実の所、意表を突かれた仕草に少々驚きを感じたと同時に、目の前に腰掛けている金髪の、細身のスウェーデン娘に見せつけてやるという意味を込めていた。

このスウェーデン娘について少々書いてみる。彼女はまだ一度もヒロと口を利いたことがない。 彼女はヒロを避けているのだ。話によるとスウェーデンの女の子達は恥かしがりやだ、とか。 避けていながらも、そのくせヒロの視線には非常に敏感だ。

朝食時、我々二人は向かい合うように腰掛けていた。 ちらっと彼女の方をヒロは見遣った。彼女はヒロの視線に遭遇しないように 巧みに自分のそれをとんでもない方向へと逸らした。合わせようとはしない。 合うことを嫌う。ところがヒロが他の方角に顔を向けていると、 彼女はヒロの様子をヒロに悟られないように窺っている。年はまだ結構若いのだろう。 でも、話している声を聞いていると、まるで大人だ。ぶっきらぼうに投げ出すように話している。 その口調は自信に満ちているようでありながら、心の片隅には満たされない不満があるようだ。

近くで見る彼女の容姿は注意深くメイキャップが施されている。幼さが窺われる。 が、飽くまでも大人に見られるように努めているようである。 若い女の子との常としてブルージーンズに上は柄物のブラウス。 今日は青色のスポーツシャツのようであった。金色に輝く四角いペンダントを首から下げていた。 それがまた良く似合う。昨日の18歳も、そう言えば、同じようなペンダントを下げていた。 若い女の子達の間では一種の流行なのかもしれない。ヒロ自身、 ある雑誌の中に色々な形をしたペンダントを下げた、色々なモデル写真を見ている。 彼女達がその写真をヒロ同様に見る機会を得て、何らかのヒントを更に得たのはどうかは知らない。

とにかく、彼女はヒロから何かを得ようと考えているのか。 彼女と面と向かって言おうと考えていた言葉がヒロの頭の中で作られていた。スウェーデン語の作文。

「あなたはヒロを避けているようですね」

「多分、あなたはヒロを憎んでいるんですよね」

「でも、ヒロはもうすぐあなたの目の前から消えますよ」

二番目の文は勿論、彼女の否定的な反応を期待している。彼女がヒロを憎んでいる訳ではない筈だ。多分。 彼女はヒロの視界に入ると、落ち着きを失いそうになるようだ。 落ち着きのなさを悟られないように平静さを保とうとする。と益々落ち着きが失われる。 悪循環。彼女は姿を消す。それ以上眺められていると 取り返しのつかない失敗でもしでかすかも知れない、と。 彼女は精一杯成熟した大人と見られようと努めるのだが、 上手い具合に行かないと感じているに相違ない。

 

 

                                   仕事になれようとする。とても短い夏だった。    ヨーロッパひとり旅 ↑  職場での女性従業員たちとの交流

 [バイオ・リスニング]